北海道固有の野生動物「エゾシカ」。
古くは北海道の原住民であるアイヌ民族によって貴重な食料源として狩猟され、
ユクという名称でも呼ばれる日本鹿の亜種です。

オスのエゾシカが持つ角を原料に、アクセサリーを中心にした
様々なプロダクトを製作している北海道内在住の作家、山崎哲平氏。
原料となる鹿角は、数百もの個体の中から健康状態の良い高密度の個体を選別し、
一点一点をハンドメイドにて製作しています。
自然素材であるが故、それぞれの製品に個体差があり、
色味や手触りが全て違うところが特徴のひとつです。

インディアンアクセサリーなどで広く用いられているフェザーをモチーフに
鹿角で羽を表現したCOMMON FEATHERシリーズ。
こちらはシリーズ最大となるLサイズです。









長さ調整が可能なコードはナイロン製のため、水に濡れても問題なく使用可能。
鹿角製のビーズで絞り上げ好みの長さでご使用下さい。
アクセントとなるゴールドのビーズは14Kです。

Mサイズに比べ1cmほど長く、堂々とした印象でコードも長めの個体です。
他のアクセサリーと絡め、フェザーのみを使用することも可能な幅広いデザインもオススメです。




※モニタの環境により実際の色と多少異なることがあることをご了承ください。


■MATERIAL : FEATHER(Deer Horn)、BEAD(14K gold)
■COLOR : NATURAL
■Size : FEATHER (W19mm、H62mm) コード長(470mm)