N.HOOLYWOOD 2019 SS COLLECTIONとなる今季は
デザイナー・尾花大輔氏が旅先のアリゾナで目にしたものがデザインのソース。
エスニックな配色やパターンをベースに、現代的なテイストを織り交ぜたコレクションです。

コレクション内に幾度となく登場した幾何学模様は、
アリゾナにある実験都市・アーコサンティの建造物からインスピレーションを得たデザイン。
オレンジ、ブルー、イエローといった文化的な色の組み合わせで描かれたデジタルなチェック柄は、
大小様々な大きさで表現されアリゾナカラーを印象付ける色味に。

今季は特にカッティングによる独特の表情を持つアイテムが多く、
アシンメトリーのシルエットやカットオフで仕上げられた製品が多いことも特徴の一つ。
荒野に佇む一人の人物を想起させるような雰囲気が、
旅の最中に感じたアリゾナの空気を再現しているように思われる。

今コレクションではネイティブアメリカンのアーティスト・T.C キャノンの絵の鮮やかな色使いや、
描かれた人々の民族衣装とスポーツウェアの接点にフォーカスを置いており、
アウターのサイズ感は、T.C キャノンが描いた人々が身に付けている民族衣装から
着想を得たものが多い。

T.C キャノンの絵でもよく用いられるビビッドな配色は、現代のストリートシーンの気分にもマッチ。
スポーツとエスニックのコンビネーションはN.HOOLYWOODらしい、
意外性と新たなスタイルを提案したコレクションとなっています。

2016年からスタートし、今回で第三弾目となるN.HOOLYWOOD × VANSシリーズ。
当時からほぼ変わらないデザイン を保ち、愛され続けているクラシックモデルの一つ、
VANS CHUKKA BOOT をモディファイした待望のコラボーレションスニーカーです。













VANSの歴史は、1966 年、ポール・ヴァン・ドーレン(Paul Van Doren)、
ジム・ヴァン・ドーレン(Jim Van Doren)、ゴーディ・リー(Gordy Lee)、
サージ・デリア(Serge D’Elia)の 4 人によりスタートしました。
生産から販売まで全ての工程を自社で行い、80 年代初頭まではお客様のご要望に答える
カスタムメイド生産をしていた VANS のスニーカーは、カリフォルニアのスケーター達を中心に 話題となり、
瞬く間に世界中へその名を轟かせる事となりました。

今モデルではアッパーは履き心地の良いスエードをセレクトし、
創業当時カスタムメイドしていたフォクシン グ(ソール側面)にはN.HOOLYWOOD専用のテープを配した、
オールブラック仕様となっています。
シューホールは、 通常の4ホールから2ホールに減らしソリッドな表情に変更。
更にシュータンに隠しゴムを内蔵し、 スリッポンとして着用可能なモデルにアップデートいたしました。
ヒール部分にはVANSの“OFF THE WALL”と共に、
N.HOOLYWOOD専用テープのナンバー“SCENE MH”のロゴを配置。
インソールにも両ブランドのロゴをプリントしたこだわりの一足へと仕上がっています。


※モニタの環境により実際の色と多少異なることがあることをご了承ください。

■MATERIAL : cow leather
■COLOR : BLACK
■Size : 26.5cm、27cm、27.5cm、28cm